■サンドビック コロターンSL T-MAX Q-カット用カッティングヘッド 〔品番:570-40L151.21-32-40〕[TR-5631866]SEIKO熱中症・乾燥注意表示付デジタルクロック 交流式AC電源

激安通販新作 刻印抜き 龍舞 折りたたみ 和式ナイフ 肥後守定 [ 日本製 刃物 本鍛造 小刀 アウトドアナイフ 国産ナイフ 和風ナイフ 永尾駒製作所 ひごのかみ 肥後の守 ] シルバー-ナイフ

肥後守定 和式ナイフ 折りたたみ 龍舞 刻印抜き [ シルバー ] 肥後の守 ひごのかみ 永尾駒製作所 和風ナイフ 国産ナイフ アウトドアナイフ 小刀 本鍛造 刃物 日本製







和風ナイフ 肥後守 アウトドア

ゴシック系アーティスト血ゑ氏とのコラボモデル

明治20年代創業の老舗和式ナイフメーカー「永尾駒製作所」の「肥後守 龍舞」です。

ゴシック系アーティスト「血ゑ」氏によるデザインで、龍をモチーフにした迫力満点の作品。柄にはしなやかに舞うつがいの龍が刻まれ、刃は鱗をイメージさせる波打った造形です。

こちらは縁取りで龍が描かれた刻印抜きモデルです。

刃には硬い鋼を軟鉄で挟み込んだ割込構造を採用。V字型の両刃仕様のため利き手に関係なく使用可能です。

柄のホール部分に落下防止用のストラップを通すのもOK。

和式ナイフの詳細

こちらは「肥後守定 和式ナイフ 折りたたみ 龍舞 刻印抜き [ シルバー ]」のご購入ページです。

開時サイズ約21.2cm
閉時サイズ約12.0cm
刃長約9.3cm
刃厚約3mm
重さ約75g

他のバリエーション

肥後守は、明治27年創業の永尾駒製作所の製造販売する、ロック機構を持たない国産ナイフです。肥後と言っても、熊本県(肥後国)で生産されているわけではなく、兵庫県三木で生産されています。日本では珍しい折りたたみ式のナイフは、替刃式のカッターナイフのなかった時代、日本に広く普及していました。材料は安来鋼青紙などで安く切れ味抜群で携帯にも便利な手造り鍛造。明治37年頃『肥後守』の名称を商標登録し四代目に渡り造り続けられています。
[永尾駒製作所/肥後の守_ひごのかみ/肥後守/higonokami_]
永尾駒製作所の商品一覧

[375][d01310296037500000000][00NKS] 肥後守 肥後の守 ひごのかみ 永尾駒製作所 和風ナイフ 国産ナイフ アウトドアナイフ 小刀 本鍛造 刃物 日本製

※製品の仕様、外観はメーカーより予告なく変更されますので、気になる点や、詳細はメールで別途お問合わせください。PC・モニタの環境で色が実物と多少異なる場合があります。布製品などは個体差があり、寸法に誤差が多少ありますので、ご了承くださいませ。


狩猟・アウトドア > ナイフ > 国産和式ナイフ
取り扱いブランド > 《ハ》取扱いブランド > 永尾駒製作所
新着アイテム > 新着アイテム 2020年 > 4月 新入荷

[和風ナイフ]
狩猟・アウトドア [ナイフ/国産和式ナイフ]

【代引不可】【メーカー直送】 大見工業【穴あけ工具】FRPホールカッター 44mm FRP44 (1050249)【ラッピング不可】 【中古】 ゴルフクラブ ヤマハ inpres 19 インプレス UD+2 ドライバー TMX-419D

"特別料理" Stanley Ellin 著

前戯(前記事)で、伝説と謳われた「最後の一壜」を浴びせかければ、メインディッシュに、隠れ家レストランで幻とされる「特別料理」を喰らわす、この小説家ときたら... 飲酒家には、無二のヴィンテージを目の前でお釈迦にし、美食家には、肉汁たっぷりの魔性の血腸詰を頬張らせ、こいつは神への...

"経済学の名著30" 松原隆一郎 著

人間には縄張り意識という性癖がある。それは、客観性を謳う学問の世界とて同じこと。どんな学問分野においても、学派に分かれては互いに批判しあう風潮が見てとれる。ただ、正しく理解しなければ、正しく批判することもできまい。こと経済学においては、学派の群れは流行り廃りが激しく、やれケインズ...

時間に翻弄され... 自我に翻弄され... あとは、なんとかなら~わ主義

自然界において、時間に方向性があるかどうかは知らん。が、少なくとも人間界においては、時間の矢は絶対的な法則として君臨してやがる。あの大科学者は言った、「エントロピーはすべての科学にとって第一の法則である。」と... エントロピーといえば、たいていの物理学の教科書で、ただ「増大す...

好きなことをやって生きていくのは苦しい...

神様と悪魔は、仲良し小好し。地獄を見ないと、天国を見せてくれそうにない。自由に生きるということは、最も厳しい生き方なのかもしれない。言い訳なんぞできやしない。人のせいにし、会社のせいにし、社会のせいにし、それで生きてゆけるなら、どんなに楽であろう。仕舞いに、神のせいすれば、神も本...